FC2ブログ

電卓プロジェクト Ver.3  (その3)

整数部15桁・小数部15桁・固定小数点式電卓の本体が完成しました。

今回はメインの基板を1枚で作ったので、液晶部とキートップが平面にならず表面パネルに段差ができました。
また、この基板にもRL78/G14マイコンを使い電源ICと共にいつものリフローを行いました。
リフロー炉は昨年の開発完了後も継続して使っていますが、とても安定していて確実に半田付けできています。
全体的にスクエアな印象にしたかったのですが、リフローした部分が見えるように裏に丸いのぞき窓を
あけてしまいました。

電源は単四電池3本の他、ACアダプタでも動くようにしてみたものの、どうしても電池の厚みがあるので
1号機同様、昔の電卓のような野暮ったさが出てしまいます。
コイン型電池で動くようにしたほうが良かもしれませんね。

プログラムは現在は1号機のものを30桁対応にしたVer.2を入れて動かしました。
開いているキー部分に平方根プログラムなどを割り当てるなど、徐々にバージョンアップしていく予定です。

プログラムに没頭できるとよいのですが・・・



2016_1022_1

2016_1022_2

2016_1022_5

2016_1022_4

2016_1022_6

2016_1022_8

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: